アフィった結果

優良サイト作りたいよね~

今の若者はウェブ検索の前に○○○検索をする


みんな~!知りたいことがあれば、普通ウェブ検索で調べるよね?

グーグル先生に頼るよね?

だけど、最近の若い人は、ウェブ検索よりも先に

ツイッターで気になることを検索する傾向があるみたいだ!!!

なぜ?

グーグルなどの検索エンジンから探すと、膨大な量のサイトが出てくる。

楽天、アマゾン、ヤフーショッピング等のショッピングサイトの他に

その商品を販売しているメーカーのサイト、取り扱い説明書、類似の商品etc...

だが、ツイッターで検索をかければ一覧となって出てくる。

メリット

SNSで取り入れる情報の方が、信憑性がある。

例えば、ある特定の商品について知りたいとする。

その場合、アマゾンやヤフーショッピング、楽天といった通販サイトを見た場合、

正直に感想を書いている人が居るのだろうか

中には居るのかもしれないし、結構辛口のコメントも目撃するが

大体やさしいレビューが多い。

なぜなら、ショップ側に誰が書いたのか、把握されるとわかっているからだ。

もし、匿名でかけたとしても、ショップ側に直接感想をいうようなものなんだから

優しく書く人だって居る。だって日本人だもの。

私だって、そうです。

レビューを書いた方は送料無料!等と謳っているところもある。

それに関しては、なぜ商品が届く前に書かなければいけないのか、意味なくね?と思ってしまう。

だが、ツイッターの場合は誰に宛てるでもなく

自分の一言なので自由にかける。

写真も見たものをそのまま撮って投稿。

現物がどのような感じなのか伝わりやすい。

そして、率直な感想が書かれているのでわかりやすい。

あなただったらどうでしょか?

ショップのレビュー欄に書く内容と、ツイッターで何気なしに投稿する内容

どちらがリアルですか?

デメリット

ショッピングサイトのレビューやネットでの評判でもそうですが、

むやみやたらに、あることないこと書いて批判していることがあります。

つまりアンチです。

あと、強いて言えばツイッターで何気なしに投稿した写真って

キレイではないことが多いので、購買意欲が失せてしまうかもしれませんね。

これを利用した企業戦略

認知度をより高めるという意味でも

企業側、ショップ側はツイッター、フェイスブック、インスタグラム等のSNSを始めてますよね

実は私も重宝しています。

企業の新商品の情報をいち早くゲットできたり、ショップの入荷商品をチェックできるので

より存在が身近になりますし、最高のマーケティングではないでしょうか?

まとめ

どんな商品、事柄について調べているのかにより、

どちらを利用したらいいのかそのときの判断になりますが

自分の知りたい情報をより正確に得る為に、SNSというコンテンツを取り入れてみるのも1つの手では?

というお話でした。